本文へスキップ

フレームショップオオニシは、大事故車修理から軽板金までお客様の立場になって修理提案をするショップです。

電話でのお問い合わせはTEL.078-975-1661

〒651-2124 兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和 724-11

ホイールアライメントセミナー

 
フレームショップオオニシではホイールアライメントセミナーを開催しています。

ご要望があれば全国にお伺いします。お問合せはこちら

講師プロフィール

1984年 自動車塗装工として独立開業
1986年 フレーム修正機導入 独学でフレーム修正に取り組む
1989年 競技車両の制作、メンテナンスを開始
1993年 簡易式ホイールアライメントテスター導入
1999年 Pro-Autoホイールアライメントテスター開発、製品化
2005年 3次元フレーム診断機開発、製品化

メンテナンス

2003年 Netz Cup アルテッツアシリーズ シリーズチャンピオン
2008年 Netz Cup Vitz レース 関東シリーズ シリーズチャンピオン
2008年 Netz Cup Vitz レース グランドファイナル優勝 日本チャンピオン


セミナー内容

座学 約1時間

1 ホイールアライメントとは
  日本語に直訳すると【整列】
  安全に走行するための要素

2 ホイールアライメント用語の説明
  トーとは(昔はトーインと呼称していた)
  キャンバとは(以前はポジが主流だった)

3 ホイールアライメント用語
  トー
  キャンバ
  キャスター
  SAI
  インクルーデットアングル
  TOOT
  最大回転角
  セットバック
  オフセット
  スラスト角

4 トーの目的、キャンバの目的
  想定速度でトーゼロ
  旋回時の踏ん張り
  メーカーが考える偏摩耗

5 ミスアライメントの症状
  真っ直ぐ走らない
  ステアリングセンターの狂い
  タイヤの偏摩耗
  燃費の悪化
  その他のミスアライメント 前輪の場合
  その他のミスアライメント 後輪の場合

6 ホイールアライメントは3階建てのサービス
  車の中心線
  ロアアーム先端の位置関係
  キャンバ変化による正台形の交点
  幾何学的中心線
  進行線 
  スラスト角

7 スラスト角とホイールベースの関係
  ホイールベースの測定ではアライメントの状態は把握できない

8 キャスターとSAIの関係
  キャスターとSAIは勝手に作られている
  最初にキャスターを調整しない

9 ホイールアライメントの誤解
  セットバックはコンピュータ診断では直らない
  コンピュータ用語が理解できるのか
  諸元はアライメントの設計図ではない
  サイドスリップテスターではトーの測定はできない

10 すべての諸元は自分で作る
  プロアライメンターは最善の角度を知っている

11 ホイールアライメントと保険会社

  事故修理完成検査が0.5Hでいいのか
  修理とは約款では事故直前の状態にするの記されている
  諸元には許容範囲がある


セミナー内容

実車にて検証(アライメントの土台作り) 約30分

1 ホイールアライメントは3階建てのサービス
  3階の検証
  1階の検証
  2階部分はトーとキャンバだけの調整で完成

2 セットバックとオフセット
  市販のコンペアゲージですべてが分かる


 セミナー内容

実車にてホイールアライメント測定、調整 約30分



セミナー内容

実車にて質疑応答 約30分
座学に戻り質疑応答 約30分

以上がセミナー内容ですです。

車協単位や振興会単位、工具販売店様で申し込みしてください。セミナー参加者は何名でも結構です。
個人様でも対応致します。

実車セミナーにてトラブル車、ミスアライメント車をご用意して頂くと幸いです。即、調整をし、真っ直ぐ走らせます。

セミナー費用につきましては地域で変動します。下記のお問合せよりお願い致します。


2018年9月2日 長崎県南島原市 口之津モータース様

メールでのお問い合わせはコチラ!

フレームショップオオニシ
651-2124
兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和 724-11
078-975-1661
定休日  日曜日 
営業時間 AM9:30~PM18:30




shop info店舗情報

フレームショップオオニシ

〒651-2124
兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和 724-11
TEL.078-975-1661

作業状況により電話に出れない場合がございます。